オーシャンズクルーズのコラム

「海の豆知識」の記事一覧

屋形船の歴史

屋形船の歴史
碇

平安時代からその原形はあり、貴族の遊びなどに使用されていた。河川整備が進んだ江戸時代に栄え、大名や豪商などに花見や月見、花火などの遊びに愛用された。特に隅田川の屋形船は金銀漆の装飾で飾り豪華であった。延宝年間(1680年・・・

東京湾って?

東京湾
碇

東京湾とは一般的には、房総半島、西側の洲埼と三浦半島の剱埼を結ぶ線より北の水域で、1,320km2をいいます。 みんなの暮らしや産業をささえる、いろいろな貨物を積んだたくさんの船が通る、とても重要な海なんですね。 タンカ・・・

世界で一番深い海は?

深海
碇

フイリピンの東方数千キロ沖にあるマリアナ海溝の中に、チャレンジャー海淵というところがあり、ここが世界で一番深い海です。 海上保安庁海洋情報部の測量船「拓洋」が測った資料などを基にチャレンジャー海淵の一番深いところを10,・・・

船はどうやって進むの?

スクリュー
碇

船は船尾に付いている「スクリュー」と呼ばれるプロペラを回して前に進みます。プロペラの推進力はネジと同じ仕組みで、プロペラが水を船の後ろに押し出すことで船が前進するんですね。プロペラを反対に回せば、バックもできます。

どうして船は細長いの?

屋形船
碇

船が移動するときは、水の抵抗を受けます。なんと水の抵抗は空気の約800倍もあるんです。プールの中で走っても、なかなか前に進まないのはそのためなんですね。船が細長いのはざ水の抵抗を少なくするためで水の抵抗が少なくなれば、燃・・・

鉄でできている船は、どうして沈まないの?

タンカー
碇

水中の物体は、その物体が押しのけた水の重さと同じだけの「上向きの力」を受けます。この力は「浮力」といって、水にふれる表面積が増えるほど大きくなります。鉄の玉は水に沈むけど、うすくのばして洗面器のようにすれば沈まないのは、・・・

船酔いしない技がある

ツボの説明
碇

船酔いを心配されるお客様は年間に数えても意外と多い。あるお医者様からご指導を頂き、調べてみると以下の説明書きがいくつかあったので、ご報告! 『内関』は、吐き気を抑えるツボ、船酔いしないツボ、として有名。手のひら側の手首の・・・

ページのトップへ戻る

お電話でのお申込み/ご相談はコチラから 03-3521-8882 年中無休 09:00~21:00