不定期航路事業とは、屋形船を運行させる場合やプレジャーボートにお客様を乗せてのクルージング、小型の旅客船で料金を頂いて行うパーティーなどが該当します。

一定の航路に旅客船(13人以上の旅客定員を有する船舶)を就航させて人の運送をする定期航路事業以外の事業をいい、航路ごとに地方運輸局長の許可を受けなければなりません。

ただ、年間(暦年)3日間以内に限り、「一定の航路」に旅客船(13人以上の旅客定員を有する船舶)を就航させて人の運送をするものは許可ではなく、届出となります。

弊社が取り扱っている船全ては、この許可を全て取得している船舶ですので、ご安心してご乗船いただきたく思います。